地方や個人に多くの利点がある、ふるさと納税を知る

誰でも利用できる

ふるさと納税は、その地方出身の人はもちろんの事、寄付する土地とは縁も縁もない人でも利用できます。寄付を行うことで地方の名産品を安価で得られるなど、多くの利点があるのです。

» readmore

ブームは続く

ふるさと納税という言葉は多くのシーンで耳にするようになりましたが、そのブームはとどまるところを知らず、その特典が年々豪華になっていくにつれてふるさと納税を行う人も増えてきています。

» readmore

納税を考える

ふるさと納税は損の無い投資と言われており、納税することによって特典となる特産品などをもらうことができるのでメリットが非常に大きいです。ふるさと納税をする時には、その地域の納税による特典などを確認して選ぶことが大切です。

» readmore

地方の活性化

ふるさと納税のしくみ

昨年度からふるさと納税という制度に注目が集まっています。このふるさと納税という制度は、2010年の税制改正に伴ってスタートした寄附制度です。 自分の出身地ではない市町村へ寄附をする事で地方の活性化の手助けをするといった趣旨で始まったものですが、現在ではその寄附のお礼として各自治体が提供する特産品目当てに寄附をする方が多くなり、本来の趣旨から離れたものとなってきています。 ふるさと納税をすると年収にもよりますが、確定申告をすることにより、一定の税額控除を受ける事ができます。具体的には、所得税の還付と翌年度課税される市町村民税が安くなるといった税制優遇の他に自治体からのお礼の特産品を受け取る事ができるといったメリットがあります。

お礼の品の特産品を提供する自治体が急増

ふるさと納税制度の開始当初は寄附のお礼の品を贈る自治体は多くありませんでしたが、現在では全国的に数多くの自治体が特産品を寄附のお礼として提供しています。 また、昨年はふるさと納税を取り上げる番組が数多く放送された事もあり、寄付者数は急増しています。 寄附のお礼の品も多種多様で、食べ物の他に宿泊券や体験観光無料券を提供する自治体も出てきています。平成27年度は税法の改正によりふるさと納税に関する控除額が倍になるとの事ですので、更に寄付者数は増加すると予測されます。 また、税法の改正により今まで取り組みをしていなかった自治体も参画してくる可能性が大きく、自治体間において激しい競争も予測されます。 今後は本来のふるさと納税の趣旨を忘れることなく、ふるさと納税というお得な制度を上手に利用する事が大事です。

↑ PAGE TOP